サンキューベイクって。

お店に来た事がある方はご存知のとおり、サンキューベイクはとってもコンパクトなサイズのお店。

さらにカウンターにお菓子を並べているので、何も会話をしないというパターンは割と少なく結構さらりと会話をする機会が多い。(急いでいる方などは空気を読んで黙ってます)

それにお客さまからもいろんな会話をしてくれるし、質問も多い。

その中で結構多いのは「ここでお菓子を焼いてるんですか〜?」「お姉さん一人でやってるんですか〜?」だ。

そしてすかさず「まさか〜!キッチンにはパティシエさんがいて、お菓子を毎日焼いてくれるんです〜!それを私がせっせと包み、並べております」なんてゆう感じで返している。

 

そうなのです。

私はお菓子を焼いておりません。

作ってくれているのは熟年の経験を重ねたダンディーシェフと、ピチピチの若いパティシエさん。

彼らとは前職で一緒だったとか、元々知り合いだったとかではなく、お店を始めるにあたって募集をしてご縁からこちらで一緒に働いているのだ。

なので夫婦でやっているお店でもなく、友人同士でやっているお店でもなく全員血の繋がりのない他人同士。(他人とはいえ、一日で誰よりも多く時間を過ごしているのでとても仲良しです)

 

このお店では役割分担をきっちりしており、

・お菓子を作る人

・お菓子を売る人、梱包する人、企画する人

 

誰でも得意分野と不得意な分野があると思うので、自分が得意だと思う部分を存分に活かしながら、能力を持ち寄って成り立っているお店なのだ。

それにお店の命でもあるワニくんロゴは、以前ブログでも書いた「くさださやか」ちゃんにお願いをしている。

つまり私ひとりで作ったお店では全くなくて、いろんな能力を持った人の力を借りながら出来たお店なのです。

 

それもあってこのお店に来てくださるお客様が再来店をしてくださる時に、友人や家族を連れてまた来てくれたりするのがとっても嬉しい。

「ここのお店はこれが美味しいんだよ〜!」と店員ばりに熱弁してくれるのをカウンター越しに見ていると本当に有難いし、嬉しくてニヤニヤしてしまう。(気持ち悪いと思うので心はニヤニヤでも表情は外行きの笑顔です)

 

いろんな人の力を集めてできたこのワニマークのお店をいろんな人に知ってもらい、日々のお菓子タイムを楽しんでもらえたら嬉しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です